おかげさまで販売実績232件!イラストのご依頼はこちらへ

【サウナの基本的な入り方】初心者も安心♪

青森トントゥ サウナの入り方

サウナ・スパプロフェッショナルの
未希です✨

サウナの魅力を多くの人に伝えたい・・・!
(特に青森のサウナ!!)
と思っています。

この記事では
青森トントゥと一緒に、

サウナビギナーも安心!
サウナの基本的な入り方

を紹介します。

最低限の持ち物
・・・タオルやてぬぐい

まずは全身をよく洗う

  • サウナ室をキレイに保つためのマナーです
  • 汗をかきやすくします

頭にもシャワーをかけて
しっかり全身の汚れを流しましょう。


ちなみに・・・
歯も磨いておくと、
より気持ち良く
サウナに入れるのでおススメです。

身体をよく拭く

  • 汗をかきやすくします
  • サウナ室・マットを濡らさないようにします

サウナ室に入る前に
体をよく拭くことで、
発汗がスムーズになります。

また、
ビショビショの身体でサウナ室に入ると、
床やマットが濡れてしまい、
自分も周りも不快です・・・。

マナーの観点でも、
しっかり拭きましょう。

タオルを絞ることもお忘れなく!

サウナではリラックス

  • 無理せず「苦しい・辛い」と感じたら出ましょう

施設によっては
サウナマットが用意されています。

が、
スノコ(木の面)がむき出し
ということもあります。

そのまま座ると、
サウナが痛む原因になりますし、
お尻が火傷しそうになることもあるので、
タオルを敷いて座りましょう。

衛生面が気になる方は、
自分で
サウナマットやタオルを用意する

とよいです。

テレビをみたり、
瞑想をして、ぼーっと過ごします。

サウナに入る時間の目安は
8~12分

とされていますが、

  • 何段目に座るか(温度は下が低く、上が高い)
  • その日のコンディション
  • その日のサウナ室の温度・湿度
  • サウナの経験値

などによって、変わります。


身体がしっかり温まり
汗をかければ理想的ですが、

「もう苦しい~!辛い~!」
と思ったら
無理せず出ましょう。

セルフロウリュができる施設では・・・

  • 「お水をかけてもいいですか?」と周りに声をかけてから
  • 目安はラドル1~2杯程度(施設によります)

ここのサウナ、
水が入った桶(おけ)と
柄杓(ひしゃく)が置いてある・・・

それは、
セルフロウリュチャンスです!


石に水をかけて蒸気を発生させることで
湿度を調整
します。

それにより
体感温度が一気に上がり、汗がかきやすく
なります。


マナーとして気を付けるのは、

周りに一声かけてから行う
ことと、
水をかけすぎない
ことです。

かけ湯・かけ水・シャワーで汗を流す

  • 水風呂をキレイに保つためのマナーです

サウナを出たら、
手桶を使ってかけ水をします。

かけ湯やシャワーでもOK。
水風呂に入る前に
全身の汗を流しましょう。

水風呂に入る

  • これがサウナの醍醐味!!メインディッシュ!!

身体の芯が温まっていると
冷たい水風呂が
とても気持ち良く感じます。


ぬるめの水風呂でじっとしていると、
身体の表面が
あたたかな膜で覆われているような感覚
になります。


これをサウナ界では

羽衣(はごろも)

と呼んでいます。



どんなに気持ちが良くても
水風呂は2分くらいまで

にしましょう。
(冷やし過ぎると動けなくなります)



冷たくて入っていられない!
という人は、
腕や足を水から出して、
水に入る面積を少なくすると
冷たさがやわらぎますよ。

イスやベンチに座って休憩

  • リラックス状態=トトノイを味わいましょう!

水風呂から出たら、
ゆっくり歩いて
ベンチや椅子に座りましょう。


外にベンチがある施設では、

外気浴(がいきよく)

がおススメ!


風がとても気持ち良いです。

身体の水滴を拭くと
体温が奪われにくいです。


身体はリラックスして重たく・・・
頭はスッキリ
という、
不思議な感覚になったら

それが

トトノイ

です!


目安時間は10分程。
しっかり休憩したら、

サウナ→水風呂→休憩

を繰り返しましょう。

まとめ

サウナの基本的な入り方を紹介しました。

これで、
正しい入り方で安全に、
マナーを守って気持ち良く、
サウナを楽しむことができます。


さあ、勇気を出して
サウナ室の扉を開けてみましょう♪


サウナの前後には水分をしっかり取り、
体調に合わせて
無理なく楽しんでくださいね。


↓持ち物はこちらの記事を参考にしてください↓

【銭湯・サウナ持ち物リスト】私の「風呂かご」を紹介